nemuro
交響詩 NEMURO 
  海明けのとき





作・編曲:沢田 完
唄:石川 優美
オーケストラ:
経堂フィルハーモニー・オーケストラ
エンジニア:大川 正義
レコーディングスタジオ:
STUDIO Z'd
プロデューサー:大川 正義
エグゼクティブ・プロデューサー:
碓氷 ミナ子
制作:根室市観光協会
録音日:2004.8.31
  • Director: officeMICS
  • Date: 05/02/16
  • Music: nemuro4s.mp3









(税込み)1,000円
お問い合わせは、根室市観光協会まで

Comments:


 根室の春は「海明け」から始まります。
 陽の光に柔らかさが増し、氷に覆われた真っ白な海から紺碧の海面が顔を出した時全ての生き物が息吹はじめる。
 それが海あけです。
 この曲は根室の四季、自然のうつろいをテーマに、根室の有する「雄大さ」「繊細な光と影」「風と香り」「霧の彼方に隠れ続ける北方北方の島々を見つづける切なさ」を表すためにフルオーケストラと合唱によって、スケール豊かに構成されています。
 また、この曲を聴いた人たちや私たちが、美しいメロディに包まれて心から癒され、そして、豊かな気持ちに溢れ、更には明日への力が湧いて来るくるようにとの思いを込められています。
 どうか、この曲をお聴きになり、此処に住む人はあらためて古里の持つ自然の素晴らしさを感じて下さい。 
 そして、未だこの地を訪れたことのない人は、この曲からイメージされる情景を思い浮かべ、ぜひ確かめに来て下さい。
 この素晴らしい海明けのNEMUROへ…
フォトシネマを観るにはShockwaveプラグインが必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。