◆市内散策マップ


◆見どころ

駅前カニ市場

駅前通りの一角にカニ直販店が軒を連ね、花咲ガニ、毛ガニ、タラバガニの姿煮を販売しています。

 

"ここに幸あり"音楽記念碑

 

根室が生んだ我が国歌謡界の先達である故高橋掬太郎(作詞)と故飯田三郎(作曲)の両氏を末永く讃えようとたてられたものです。(市役所前)

 

 

力の胸像

アントワーヌ・ブールデルの作で、近代彫刻三大巨匠の一人。アルゼンチンに解放と勝利をもたらしたアルヴェアル将軍の勇者の一人で「力」を表現したものです。(ときわ台公園)

清隆寺の千島桜

ミネザクラの変種で明治19年頃、国後島から移植されました。

 

低木であるが、ここの木は3,4メートルの大木で、見頃は五月下旬です。

 

 

根室キリスト教会

市街地の中心に緑の木々に囲まれた白い建物がロマンチックです。

ラクスマン歴史の然

1792年10月20日ロシアから最初の遣日大使アダム・ラクスマン一行が、漂流民大黒屋光太夫ほか2名の返遣と我が国との通商を求め、帆船エカレリーナ2世号で根室に入港しました。

日本国とロシア国との通交・通商交渉は、実にこのアダム・ラクスマンの根室来航から始まりました。

この歴史的事実を誇りとし、未来へ永く伝えるための、記念碑「歴史の然」が建てられています。

明治公園

 

公園のシンボルはレンガ造りの3本のサイロで、昭和7年と昭和11年に建てられました。明治8年に開拓使役根室牧畜場として創立され函館に次ぐ北海道二番目の牧場跡です。

 

 

金刀比羅神社

文化3年高田屋嘉兵衛の創建によるもので讃岐国金平山金刀比羅宮より神体を奉還しました。境内は千島桜や山桜など緑樹に覆われ、根室港、遠くは知床の山々を一望することが出来ます。また境内には創建者高田屋嘉兵衛の銅像も建てられています。